一条工務店情報を見に行く
ハウスメーカー選び
PR

吹き抜けに合うハウスメーカー選び

naminorifamily
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
  • 吹き抜けはデメリットが多いけどハウスメーカー選びのポイントは?
  • ハウスメーカーが多すぎて迷う!
  • 吹き抜けに合うハウスメーカーを探したい!

吹き抜けは戸建てにおいて人気の高い間取りの1つです。しかし、ハウスメーカー選びで失敗すると吹き抜けで後悔する可能性が高いです。

我が家は2020年に吹き抜けのある家を注文住宅で購入しました。吹き抜け実績の高いハウスメーカーを選ぶことにより、よくあるデメリットを軽減することができました。

本記事では、吹き抜けを設置するうえでの『ハウスメーカー選び』の重要性を解説します。記事を読み終えればハウスメーカー選びのポイントとハウスメーカーの探し方を理解することができます。

吹き抜けにはデメリットがつきものです。住んでから後悔しないためには家の性能と提案力のあるハウスメーカーを選ぶことが重要です。

ハウスメーカー選びが重要な理由は?

吹き抜けにはメリットもあればデメリットもあります。中には軽減できるデメリットも存在します。

吹抜けデメリット例
  • 冷暖房効率が下がり寒い家になる
  • 音、臭い問題
  • 居室数減少
  • 初期費用がかかる

このように、吹き抜けのデメリットは生活面で不快になることが多く挙げられます。そのため、『家の性能』と『ハウスメーカーの提案力』が重要です。

例えば、吹き抜けは開放的な空間が作れる一方で、冷暖房効率の低下や冬場は寒くなることがデメリットです。

特に寒い家は非常に不快に思います。また、ヒートショックなどリスクも増加し、健康面での被害も増加します。

軽減策としては、性能の良い住宅を選ぶことです。つまり、断熱•気密性の高い家です

また、吹き抜けの窓は採光効果がある一方、夜間は熱を奪い室内が寒くなりやすいです。

そのため、断熱性の高い窓など細部まで考える『提案力』つまり顧客の利益を第一に考えてくれるハウスメーカーが重要です。

ハウスメーカー選びで重視するポイント

吹き抜けを設置する上で重視するハウスメーカーのポイントをまとめました。

家の性能
  • 気密性
  • 断熱性
  • 全館空調
提案力
  • デメリットの対策を提案
  • 顧客の利益を第一に提案
  • 予算に見合ったプランを提案

最大のデメリット(寒さ暑さ対策)

家の性能は根本的なデメリットの解消になります。開放感=冷暖房効率が低下は否めません。空間が広がる分仕方のないことです。

だからこそ、断熱性や気密性など家の性能が高いことで根本的な解消になります。

細かいデメリット

住んでみると分かるデメリットやプロだからこそ分かるデメリットは購入者は意外と見落としてしまいます。たとえば音問題は実際どのくらい響くのか?窓や照明の設置は充分か?など一般的な購入者は知識がすくないです。

だからこそ、ハウスメーカーの提案力が必要です。

そのなかでの注意点は顧客の利益を第一に提案してくれるハウスメーカーです。信頼できるハウスメーカーを探しましょう。

ハウスメーカー探し方

日本には1〜3階建てを扱うメーカー(ハウスメーカー、工務店など)は約3万社以上存在します。その中から気にいるハウスメーカーを探すことは困難です。

そこでオススメなのが、無料でできる一括比較サイトです。

  • タウンライフ家づくり
  • ライフルホームズ

ここで紹介する2つのサイトは、自分の希望に沿ったハウスメーカーを無料で提案してくれる比較サイトです。

タウンライフ家づくりでハウスメーカー探し

タウンライフ家づくりポイント
  • 豊富な登録数(住宅会社)
  • 間取りプランがもらえる
  • 厳格な審査で安心できる

基本情報


運営会社タウンライフ株式会社
利用料金無料
登録会社1150社以上
サービス内容一括比較、資料請求
特典間取りプランが貰える
公式ページ詳細を見る
今なら間取りが無料でもらえる

【PR】タウンライフ

LIFULLHOME’Sでハウスメーカー探し

LIFULLHOME’S のポイント
  • 契約者のリアルな声が聞ける(口コミ•評価)
  • 家づくりノートがもらえる
  • 実例が豊富

基本情報


運営会社株式会社LIFULL
利用料金無料
登録会社1000社以上
サービス内容一括比較、資料請求
特典家づくりノートが貰える
公式ページ詳細を見る
今なら家づくりノートが貰える

まとめ

吹き抜けを設置するにはハウスメーカー選びが重要。なぜなら吹き抜けにはデメリットがつきもので、住み始めてから後悔する可能性が高いからです。

例えば、吹き抜けは冷暖房効率が下がり冬場は寒くなりやすいです。家の性能やデメリット対策をしていないと不快に感じてしまいます。

だから、家の性能が高く、提案力のあるハウスメーカー選びが大切です。

家の性能が高いと
  • 寒さ対策になる
  • 冷暖房効率の低下を防げる
  • 光熱費を抑えられる
提案力があると
  • 音、臭い対策
  • 寒さ対策
  • 予算を抑える

ハウスメーカー選びには一括比較サイトがオススメ。無料で理想のハウスメーカーを探すことができます。

【PR】タウンライフ

【PR】LIFULL HOME’S

記事URLをコピーしました