ハウスメーカー選び
PR

【体験談】モデルハウス宿泊体験メリット•注意点は?

naminorifamily
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
  • 宿泊体験のメリットは?
  • 契約前でもできる?
  • 無料で利用できる?

宿泊体験はハウスメーカー選びの材料としてオススメのサービスです。しかし、タイミングを間違えると勢いで契約して後悔する可能性があります

宿泊体験は私も最後の検討材料として利用し、ハウスメーカー選びの決め手の1つになったサービスです。

当記事では宿泊体験のメリット•デメリットを解説します。記事を読めば宿泊体験の効果と注意点が理解でき検討材料の1つとして考えることができます。

宿泊体験は家の性能いわゆる『断熱性』や住宅設備を体感することができ、居住後の生活イメージがつきやすくなります。

宿泊体験はオススメのサービスですが、利用するタイミングには注意が必要です。

宿泊体験で家の性能•住宅設備が体感できる

宿泊体験とは食事、入浴、睡眠など普段の生活を体験することができます。さらにメーカーならではの住宅性能•設備•吹き抜けなど確認することができます。

宿泊体験のメリット

宿泊体験のメリット
  • 気密性、断熱性の体感
  • 住宅設備の体験
  • 1泊利用で昼夜を体験
  • 基本的に無料
  • 夕食代もでることもある

宿泊体験では主に上記のようなメリットがあります。ハウスメーカー検討材料として利用する価値は非常に高いです。

ただし、利用時期によっては効果がないものもあります。例えば床暖房の住宅設備などは冬場の寒い時期でしか体感することができません。

そのため、気になる設備や住宅性能の効果がより発揮できる時期を見極めて利用することが重要です。

断熱性能や床暖房は寒い時期により効果を確認しやすいです。

宿泊体験の注意点

宿泊体験の注意点は利用するタイミングです。注意点すべきタイミングはハウスメーカ等選びの初期段階で利用することです。

ハウスメーカー選び初期での注意点
  • 気に入ってしまい契約してしまう
  • 他社と比較する前に契約してしまう。
  • 利用後の営業で流れで契約

仮にメーカー探し初期で利用する場合は上記のことに注意し、勢いで契約することは避けましょう。

また、すべてのハウスメーカーで宿泊体験が利用できるわけではないので、あくまでも検討材料の1つとして考えることが大事です。

まずは気になるハウスメーカーを調べて、他社と比較検討してある程度絞り込むことをお勧めします。

他社との比較には「タウンライフ家づくり」と「LIFULL HOME’S」がオススメ。自宅にいながらハウスメーカーについて勉強できます。

 

タウンライフ家づくり

LIFULL HOME

宿泊体験できるハウスメーカー

それ以外でも宿泊体験が利用できる住宅会社はあります。分からない場合は直接ハウスメーカー等に問い合わせて確認しましょう。

宿泊体験した方の口コミ

ここでは宿泊体験を実際に利用した方の口コミを集めてみました。

一条工務店

宿泊体験をすることで家の性能が実感できました。住宅設備の効果や夜間の生活のイメージがつき、メーカー選定の材料として非常に役立ちました。

あわせて読みたい
【レビュー】一条工務店の宿泊体験は夕食代付きで完全無料!
【レビュー】一条工務店の宿泊体験は夕食代付きで完全無料!

宿泊体験は生活のイメージがつく!

注文住宅は建売と違って、内見できないことがデメリットの1つです。注文住宅住宅はオリジナルな家が建てられる一方で、居住後に『いらない設備だった』『寒い』など後悔することも多々あります。

宿泊体験を利用すれば実際の『家の性能や住宅設備』を体感することができ居住のイメージがつきやすいです。

  • 気密性、断熱性の体感
  • 住宅設備の体験
  • 1泊利用で昼夜を体験
  • 基本的に無料
  • 夕食代もでることもある

宿泊体験では上記のようなメリットがあるため利用する価値は高いです。

しかし、最初に宿泊体験をしてしまうと気に入いりすぎて、他社と比較検討する前に契約してしまう可能性があります。

そのため宿泊体験は最後の検討材料にすることをオススメします。

記事URLをコピーしました